[日経人材sPicks]2023年8月8日記事

日経人材sPicks
  • 正規・非正規格差巡る最高裁判断 賃金制度の透明性力点 企業の改革姿勢問う
正規・非正規格差巡る最高裁判断 賃金制度の透明性力点 - 日本経済新聞
正規・非正規従業員の待遇格差が不合理かどうかの判断をめぐり、最高裁の考え方がみえてきた。諸手当、賞与、退職金に続き、基本給についても7月20日に、格差の妥当性を判定する手順やよりどころが最高裁から示された。不合理な格差を生まないため企業に求められるのは、支払う金額が何の対価かを明確に説明できる、透明性の高い賃金制度づく...

ちゃんと目的と趣旨を明確にして、それに沿っているかどうかを判断できることが大事ということか。

  • 賃金開示、男女差是正に寄与 女性活躍の現在地 原ひろみ・明治大学教授
賃金開示、男女差是正に寄与 女性活躍の現在地 - 日本経済新聞
ポイント○女性の賃金は男性の60%台の事業所多い○諸外国で情報開示が男女格差の縮小促す○企業内の格差是正を求める政策は効果的男女の賃金差の情報公開は、企業経営において不可欠となりつつある。2022年7月、常用労働者数301人以上の事業主は、男女従業員の企業内平均賃金の差を公表することが義務付けられた。さらに23年3月期...

男女の賃金格差の開示が効果があるのかどうかは国によって意見が分かれているとのこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました