[日経人材sPicks]2023年8月7日記事

日経人材sPicks
  • デュアルキャリア支援が必須 女性活躍の現在地 周燕飛・日本女子大学教授
デュアルキャリア支援が必須 女性活躍の現在地 - 日本経済新聞
ポイント○女性就業者増えても低技能・低賃金多い○正社員の無制限な働き方は今も改善せず○家事・育児の外部委託や効率化が不可欠2010年代の女性就業者数は340万人もの驚異的増加を遂げた。この結果、15〜64歳の女性就業率は21年に71%に達し、米国やフランス(ともに65%)を大きく上回り、男女平等度の高いスウェーデン(7...

女性の妊娠・出産を起点にした時間軸と正規雇用比率のグラフが興味深い

  • 休めども 7割の目標遠く 有給休暇の取得率、58%に改善でも 職場改革、世界に遅れ
休めども 7割の目標遠く - 日本経済新聞
企業で働く人の有給休暇の取得率が高まっている。2021年は58.3%と3年連続で過去最高を更新した。19年の労働基準法改正で企業に対し、従業員の有給取得に関する義務が加わったことが後押しした。ただ義務内容を正確に理解していない企業も多く、21年の有給関係の法令違反件数は前年の2.8倍となった。25年までに有給取得率70...

たしかに時季指定権と時季変更権はどこをポイントに優劣を決めるんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました