[日経人材sPicks]2023年7月29日記事

日経人材sPicks
  • 最低賃金、平均1002円物価高に対応、時給1000円以上が5割に

ついに1,000円越え。

  • 働く高齢者、沖縄・九州で急伸 官民連携で意欲後押し データで読む地域再生
働く高齢者、沖縄・九州で急伸 官民連携で意欲後押し - 日本経済新聞
高齢化が進むなか、「生涯現役」に向けて働くシニア世代が増えている。65歳以上で仕事をしている人の割合は増加傾向が続いており、なかでも九州・沖縄地域の伸びが目立つ。高齢化や人手不足が深刻な地域で、自治体や企業も高齢者が働きやすい環境を整えようと懸命だ。総務省が5年に1度実施する「就業構造基本調査」から、働いている65歳以...

人手不足が深刻な地域ほど、働く高齢者の割合が増えている。割合じゃなくて単純な人数の増減も知りたい。

  • 賃上げ波及に「年収の壁」 8都府県で最低賃金1000円以上 「働き控え」是正急務
賃上げ波及に「年収の壁」 - 日本経済新聞
最低賃金の目安額が2023年度に全国平均で時給1002円と決まり、首都圏や関西圏を中心に8都府県で実額が1000円以上になる見通しになった。賃上げに伴う消費拡大を通じて経済成長につなげるためにも、働き控えを生む「年収の壁」の是正や、賃上げ余力の乏しい中小企業への支援が重要になる。(1面参照)40代や50代の人たちが学生...

最近頻出の年収の壁問題。

  • 労働市場の改革が最優先
労働市場の改革が最優先 - 日本経済新聞
最低賃金の全国平均の時給1000円超えは通過点にすぎない。海外に比べ水準はまだ見劣りする。政府は新たな引き上げ目標を策定する方針だが問われるのは持続力だ。根拠のある目標値を示すとともに労働市場の改革を急ぐ必要がある。経営者も1000円超えは半ば覚悟しており、むしろ次に関心が移っているのではないか。非正規従業員の待遇改善...

本質的な解決は成長分野への労働移動と生産性の向上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました