[日経人材sPicks]2023年6月23日記事

日経人材sPicks
  • 社会保険料、40年度に3割増試算 少子化対策の効果相殺
社会保険料、40年度に3割増試算 少子化対策の効果相殺 - 日本経済新聞
医療や介護など社会保障にかかる費用が膨らんでいる。このままでは社会保険料は2040年度に今より3割増える可能性がある。政府は少子化対策の拡充を打ち出し、財源として保険料への上乗せを検討している。負担がさらに増すことになれば、対策の効果が薄れる恐れがある。税を含む幅広い議論を封じたままでは保険料の上昇に歯止めがかからず、...

少子高齢化社会だとそりゃそうなるよなあ。

  • 育休利用、女性は43% 非正規・出産前退職など含めると 少子化と向き合う 気になる数字
育休利用、女性は43% 非正規・出産前退職など含めると - 日本経済新聞
女性の育児休業取得率は2021年度に85.1%で、男性の13.97%と比べると高い水準とされる。この数字は厚生労働省が調べたもので、企業などで正規もしくは一部の非正規として雇用されている間に出産した女性に限定している。多くの非正規や出産前に退職した人、自営業などで働く女性は分母に含まれていない。対象を広げると、女性の育...

派遣の育休を増やすってどうすればいいのだろう。業務の繁閑にあわせて労働力を利用できるという派遣の本質的なメリットとバッティングしてしまう気がする。

  • 「働きがい」5割が見える化、転職者・学生も注目「人的資本開示」調査から(下)
「働きがい」5割が見える化、転職者・学生も注目 - 日本経済新聞
人的資本に対する企業の姿勢を内部にいる従業員はどう受け止めているのか。物差しとなるのが従業員のエンゲージメント(働きがい)のスコアだ。回答企業57社の5割が定量的な開示を計画している。企業での働き方が見える指標なだけに、投資家だけでなく、社員や転職者、学生などからも注目を集めそうだ。エンゲージメントは、社員の企業に対す...

働きがいのスコアのつけ方きになる。やはりアンケート?

コメント

タイトルとURLをコピーしました