[日経人材sPicks]2023年5月28日記事

日経人材sPicks
  • IBM、AIで雇用創出 CEO「5年後、事務30%代替」 開発・コンサル増員 利用時の規制には理解
IBM、AIで雇用創出 CEO「5年後、事務30%代替」 - 日本経済新聞
5年後には単純な事務作業の30%が不要になる――。米IBMのアービンド・クリシュナ最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に応じ、文章や画像を生成する高度な人工知能(AI)の登場などで働き方が大きく変わるとの見通しを語った。効率的な働き方のためには「テクノロジーは選択肢ではなく、必要不可欠になる」と強調した。米オー...

AIの話にはつきものの、〇〇の仕事はなくなる論。

  • 人材流動性 高める好機 教育への投資欠かせず
人材流動性 高める好機 - 日本経済新聞
「医師や弁護士から経営者や営業マンに至るまで、何百万人ものナレッジワーカー(知識労働者)が数年以内に生産性の画期的な変化を経験する」。米ブルッキングス研究所は生成AIの登場で、2000年代以降は停滞していた生産性の改善が再び加速するとの見通しを示す。一方で高度なAIが人々の職を奪うのではないかという懸念は根強い。米ゴー...

AIを雇用を奪う脅威ではなく、より生産性の高い仕事へ人材を充てられるチャンスに捉えようという記事。

  • 新興企業、人材確保に壁 新型株式報酬、給与扱い
新興企業、人材確保に壁 - 日本経済新聞
信託型とよばれるストックオプション(株式購入権)について、国税庁は給与所得にあたるとして税率が最大55%になるとの見解を示す。「抜け道」的な税金対策を塞ぐ狙いだが、導入済みの企業も多く混乱は避けられない。政府はスタートアップ育成を掲げており、株式報酬は人材確保に不可欠だ。税負担が障害とならないためにも使い勝手の改善は急...

政府のスタートアップ育成の方針と国税庁が相反する形なのか…

  • 三菱電機、人材投資200億円 能力開発や職場改善、3年で キャリア支援の新制度も
三菱電機、人材投資200億円 - 日本経済新聞
三菱電機は従業員の能力開発やオフィス環境改善など人材関連の投資を増やす。2025年度までの3年間合計で200億円を投じる。前の3年間より7割増やす。若手や中堅社員を中心にキャリア形成に意欲的な従業員が増えるなか、教育の機会を増やして人材育成につなげる。200億円のうち150億円を人材育成に投じ、社内教育を充実させる。若...

職版環境の改善にも投資するというのは、リモート勤務からオフィス出社への揺り戻しの流れも踏まえてなのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました