[日経人材sPicks]2023年5月26日記事

日経人材sPicks
  • 「ジョブ型に答えはない」 日本型とのハイブリッド模索 ジョブ型雇用、御社は?(4)
「ジョブ型に答えはない」 日本型とのハイブリッド模索 - 日本経済新聞
ペーパーレス化など構造転換に直面する凸版印刷。2020年、脱・年功を柱とする人事制度改革に着手し、専門性を重視するジョブ型をモデルに据えた。だが人事部門で制度設計を担う奥村英雄は悩んでいた。欧米のジョブ型は、個々の働き手の仕事内容を職務記述書(ジョブディスクリプション)で細かく定め、職種によって処遇や賃金が大きく変わる...

たしかにみんな専門性が高い人材なわけではない。むしろそんな人材は少数。日本型の職能型とジョブ型の最適比を模索。

  • パート・バイトにも雇用保険、28年度までに政府、骨太方針に明記へ
パート・バイトにも雇用保険、28年度までに - 日本経済新聞
政府は2028年度までにパートやアルバイトの人らへ雇用保険を拡大する。非正規の立場で働く人にも失業給付や育児休業給付を受け取れるようにし、安心して出産や子育てができる環境を整える。企業側は人件費が増え、人員配置の見直しなども迫られる。政府は24年度に始める少子化対策で雇用保険の対象者を広げると掲げた。6月に政府が閣議決...

人材業界の仕事に直結する話。

  • MR、異業種転身相次ぐ ピークから2割減 金融や起業、医薬経験活用
MR、異業種転身相次ぐ - 日本経済新聞
医薬情報担当者(MR)のキャリアが変わりつつある。人数はピーク時から2割減り、転職者の6割が同業以外を選ぶ。起業のほか、金融や教育への転身など多岐にわたる。製薬大手は患者の多い生活習慣病薬から抗がん剤や希少疾患薬にシフトし、早期退職も少なくない。転職や学び直しが広がり、かつてと異なる選択肢も増える。宮城県でコーチングサ...

コロナでMRが病院に訪問できなくなり、業界的にIT化が進んでマンパワーが従来ほどいらなくなったのも背景にありそう。

  • 習熟者の需要高く米国では年収4600万円も
習熟者の需要高く - 日本経済新聞
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は生成人工知能(AI)が獲得可能な最大市場規模(TAM)は2027年には世界で22年比約13倍の1210億ドル(16兆円強)に達すると予測する。金融やヘルスケアなどあらゆる分野に浸透すると見込まれる。的確な指示で生成AIを使いこなす専門人材「プロンプトエンジニア」のニーズも...

「プロンプトエンジニア」は今年のホットワードになりそう。

  • 中途求人倍率4月2.21倍 観光中心に人手不足感
中途求人倍率4月2.21倍 - 日本経済新聞
パーソルキャリア(東京・千代田)が25日発表した4月の中途採用求人倍率は、前月比0.04ポイント低い2.21倍だった。過去最高となった前月を下回ったものの、引き続き高水準だ。観光関連業界を中心に人手不足感が強い。中途採用求人倍率は同社の転職サービス「doda(デューダ)」に登録する求人数を転職希望者数で割って算出した。...

4月の中途採用求人倍率は、前月比0.04ポイント低い2.21倍(パーソルキャリア 25日発表)。過去最高となった前月を下回るもいまだ高水準。観光関連業界を中心に人手不足。

  • 求人広告件数4月10.3%増
求人広告件数4月10.3%増 - 日本経済新聞
人材サービス会社でつくる全国求人情報協会(全求協、東京・千代田)が25日発表した4月の求人広告件数(週平均、職種別)は、前年同月比10.3%増の

材サービス会社でつくる全国求人情報協会の発表。

コメント

タイトルとURLをコピーしました