[日経人材sPicks]2023年5月8日記事

日経人材sPicks
  • 日本のゆでがえるは目覚めたか 永遠の人材難、変化迫る 論説主幹 原田 亮介
日本のゆでがえるは目覚めたか 永遠の人材難、変化迫る 論説主幹 原田 亮介 - 日本経済新聞
日本経済が長期停滞を脱するチャンスを迎えた。30年ぶりの大幅賃上げと設備投資意欲の高まりに、縮小均衡を続けてきた企業行動の変化がみえる。背中を押すのは人口減少の加速がもたらす「永遠の人材難」である。座して待つ姿から例えられた"茹(ゆ)でがえる"は目覚めたのか。就任後初めての金融政策決定会合に臨んだ日銀の植田和男総裁は、...

生産年齢人口が減っているのに、過去10年の労働力人口(就業者+完全失業者)は増えていて、それはなぜか、そしてそれも枯渇が迫っているという記事。

  • 職場に潜む「違法」の穴 営業秘密や個人情報のリスク対策急務 転職、問われる情報管理
職場に潜む「違法」の穴 営業秘密や個人情報のリスク対策急務 転職、問われる情報管理 - 日本経済新聞
新卒や転職、配置転換などでこの春から新たな職場で働き始めた人も5月に入ると徐々に慣れてくる。だがその職場では当たり前でも、実は法令に抵触するような内容の業務慣習が交じっている場合が少なくない。転職や育児休業、中途退職など様々な場面で、見落としがちな違法リスクが潜んでいる。4月下旬、警視庁が大手商社「双日」の本社などを不...

最近導入している企業も増えてきたリファレンスチェックも、気を付けないと職業安定法の指針に違反するリスクがあるという内容。違反にならないポイントも紹介。

  • 試用期間の解雇で「誤解」
試用期間の解雇で「誤解」 - 日本経済新聞
新卒採用の社員に対し、最初の一定期間を「試用期間」と位置づけている企業も多い。その間は会社の都合や意向によって解雇されやすいと考える人もいるが、専門家からは「簡単に解雇できるというのは大きな誤解だ」と指摘が挙がる。「新卒採用の場合、試用期間だからといって会社から労働契約を解除するのは非常に難しい」。企業側に雇用管理を助...

新卒社員に試用期間を設けていても、その間は会社の都合や意向で簡単に解雇できるのは誤解だという記事。よくある気づかず違法になってしまう例が紹介されている。

  • 「本人のため」楽な職場へ 育休後の配置転換に注意
「本人のため」楽な職場へ 育休後の配置転換に注意 - 日本経済新聞
育児・介護休業法(育休法)の改正などで育児と両立しやすい仕事環境の整備が進み、企業側の意識も高まる。だが企業側が気を回し過ぎ、育休明けの社員を本人の意向とは関係なく業務負担が軽い部署に異動させるなどすると、育休法違反となる可能性がある。育休法は育休をとった社員への「不利益な扱い」を禁じ、指針で「原職または原職相当職に復...

育休明けの社員を、本人の意向とは関係なく業務負担が軽い部署に異動させるのは育休法違反となる可能性があるという話。

育休復職時のポイントも紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました