[日経人材sPicks]2023年5月2日記事

日経人材sPicks
  • 若手伸ばす「育て方改革」 「俺についてこい」→「自ら育つ」環境整備へ 社内外から刺激、成長促す
若手伸ばす「育て方改革」 「俺についてこい」→「自ら育つ」環境整備へ 社内外から刺激、成長促す - 日本経済新聞
今年も多くの職場に新入社員がやってくる時期になった。若手の育て方をめぐって今の管理職の悩みは深い。育成の新たな方法論が要るのだろう。働き方改革と並び、「育て方改革」を迫られている。まず、新入社員をはじめとした若手の変化を押さえておこう。古屋星斗・リクルートワークス研究所主任研究員のデータにもとづいた分析から傾向がつかめ...

面白いデータ。リクルートワークス研究所主任研究員のデータに基づいた、若手への負荷のかかり方と成長実感に関する調査。

  • 働く高齢者の貯蓄増加 10年で3倍、消費喚起欠かせず
働く高齢者の貯蓄増加 10年で3倍、消費喚起欠かせず - 日本経済新聞
働く高齢者の賃金が貯蓄に回っている。総務省によると65歳以上の勤労者世帯(2人以上)が2022年に貯蓄に回した額は月平均11万円と、10年前の3倍超になった。金融資産は60歳以上が全体の6割超にあたる1200兆円を抱える。高齢者に消費や世代間の移転を促す施策が欠かせない。総務省の22年の家計調査によると、2人以上の世帯...

▼65~69歳の就業率(総務省の労働力調査)

12年:37.1% → 21年:50.3%

記事は高齢者の貯蓄増加に関してだけど、気になったのは上記数値。

働く高齢者はこの10年でだいぶ増えたなあ。65~69歳の半分は働いているとは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました